レバレッジはどれぐらいまでにしておくといいかというと、初心者でしたら、2〜3倍程度が妥当だと言えるのではないでしょうか。 レバレッジの上限は使用している業者によっても異なりますので、高いレバレッジをかけられることもあります。 FX(1998年の外国為替及び外国貿易法の改正などがきっかけでブームとなりました)取引を行っていると、つい欲を出してしまって、高いレバレッジをかけて取引をしてしまってがちになってしまうようです。 けれど、それだけリスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)も高くなりますので、ちょっとしたレートの変動でもすぐにロスカットされてしまうのです。 そうなってしまうと、最悪のケースでは証拠金(委託証拠金と取引証拠金に分けることができるでしょう)不足となり、二度と相場に戻れなくなってしまいます。 そうなってしまわないためにも、せめてFXに慣れるまでの間は、2〜3倍程度のローリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)で取引をしておいた方が無難です。 もちろん、レバレッジを一切かけないで、手持ちの資金の範囲内で取引を行うのが、一番安全な方法になります。 少しずつFX取引に慣れて、自分で損切りなどのリスク(いかに損失を減らすか、迅速に適切な対処をするかが問われますね)管理ができるようになってから、高いレバレッジでの取引を始めても遅くはありませんよー